64. CAD CAM ソフトAION  ホームページリンク: NCTOOL
 
  NCマシンを作ってから、Gコードをどうやって生成するのだとうと、色々と探していたらAIONというソフトを見つけました。
  CADの操作も直感的にわかりやすく、マニュアル無しで、図面が描けるようになりました。
大変使いやすいと思っています。 図面はAUTOCADにも挑戦してみましたが、難しくてギブアップしました。

このソフトは、図面データを元に、同一ソフト内でCAMデータを細かく設定して作れ、Gコードを生成してくれます。 後はGコードデータをUSBCNCソフトにロードし、実行するだけです。
  Gコードを生成してから、刃物の動きを画面上でシュミレーションもできます。 どう削れるかを画面で見ることができます。 
  有料のソフトですが、個人用ライセンスでしたら、お小遣い程度で十分に購入できます。 試用版も用意されています。
試用版は、図面要素数の制限があるだけで、あとは、十分な動作確認ができます。
  このソフトは趣味用ではなくて、製造の現場で使われているもので、信頼性の高いソフトだと思います。
 

     図面の編集画面です。
2016年に製作した真空管アンプのパネルの図面です。
拡大したり、縮小したり、印刷もできます。
     
    CAM設定画面です。 様々な切削モードを選択出来、工具径や送り速度切削深さ、削り代の値なども調整できます。
     
     削る場所の決定をしています。
     
     Gコードの生成画面です。
     
    工具径に合わせた切削パスの表示画面です。 どのように
削られるかがわかります
     
    実際に切削した様子です。 2016年3月に真空管アンプのパネルを
製作したときのものです。
表面に黄色い保護シートがかかっていますが、うまく削れています。

まだ、全部穴明けが済んでいませんが、NCでの穴あけやザグリ加工は
終わりです。 
   HOME